読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

【Gentoo】Funtoo ならインストール容易

Gentoo はインストールが大変だ

「インストールが難しいやつ」というと Slackware がそう思われているようですが、Slackware は今は随分と容易になったのではないかと思います。 それに比べれば Gentoo はずっと苦労します。なにせカーネルをビルドしろと公式には書いてありますから。

GNU/Linuxのインストールを難しくしている要因としては、ブートローダデバイスドライバも挙げられます。 ブートローダでいえば、UEFIでうまくいかないとか。マルチブートの設定がうまくいかないとか。 必要なハードウェア(例えば無線LAN)のデバイスドライバがないとか、グラフィックチップ(GPU)のデバイスドライバに「オープンソース」と「プロプライエタリ」がある(NVidiaAMD(ATI)が典型)とか。 けれど、そういうトラブルはGentooに限らず、UbuntuででさえもFAQです。

それに対してGentooは、カーネルをつくれとさえも言うんです。 カーネルのコンフィグレーションは大変な作業です。 そしてそこで面倒だからといって多くの項目を有効にしてしまうと、例えばデバイスドライバも大量にコンパイルすることになり、ビルド完了までの時間がたくさんかかります。 しかも、再起動してブートしないとなれば、またやり直しです。

よそ(Ubuntuだとか)の .config をコピーしたり、さらにはカーネルイメージをコピーしたりして解決する人も少なくありません。それとてうまくいく保証もないのですが、成功した人も多いです。 ただ、そうやってよそからコピーするのを「邪道」だとして軽蔑する人々もいます。

つまりここでは、Gentoo 試したいんだけどどうすればいいのん?」という話をします。

Gentoo 系でも、インストールが(わりと)容易なディストリビューション

Sabayon

Gentoo 系を標榜するディストリビューションでは、 Sabayon が容易なことで有名です。

しかし、 Sabayon は実質的には Gentoo 系ではない、と私は思います。

まず、パッケージマネージャ。 Portage も付属しているけど、本来のパッケージマネージャは異なります(「Entropy」)。 そしてPortage との相互の互換性がなく、無計画に両方使っているとこんがらがります。 Sabayon は、パッケージをバイナリで配布しているため、インストールは早いです。 バイナリパッケージがないものだけを Portage でインストールして、インストール情報の一貫性を保つことをおすすめします。

Sabayonはビルド済バイナリをインストールするので、dependencyも自動的にインストールされてしまいます。 この点で、Gentooの良いところ(USEフラグで機能を絞り込める点)が完全に否定されてしまっています。

ビルド済バイナリですから、あなたのハードウェアに最適化されてはいません。 多くのコンピュータで動く汎用の設定でビルドされています。 ですから Sabayon は、UbuntuFedora や Arch などと同じで、もっさりとした鈍い動きになってしまいます。

このように Sabayon は、インストールは容易で、管理に手抜きをやれますが、Gentoo の長所を消してしまっています。 だからそれならば Fedora や Arch でもよいと思うのです。最新のソフトウェアは Fedora や Arch にもあります。常用するシステムを組むならば Sabayon にしない方がよいと思います。Sabayon は「Portage あるよ」というだけのことです。 Portage を試す目的でインストールしてシステムを不可逆的にぶっ壊して終わるつもりでしたら Sabayon もありですが……

Funtoo

Funtoo は、 Gentoo の原作者である Daniel Robbins が実質的に運営しているディストリビューションです。 Gentoo に比べて、"fun"も重視したディストリビューションです。 Gentoo ではコミュニティが活発になり論争も増え、自身の設計思想の実現が難しくなり「身軽」ではなくなったことがあり、Funtoo を始めたようです。

Funtoo は、Gentoo とほとんどは同じです。

相異点としては、

  • Portage が独自にカスタマイズされている(Paludis や Pkgcore は非推奨・未テスト)
  • ネットワークデバイスの設定のしかたが異なる(テンプレートが付いている)
  • 非推奨に指定しているパッケージやバージョンが多く、デフォルトではインストール不可
    • インストールがマスクされている(例えば ffmpeg を推奨し、 libav にマスク)
    • そもそも 「Portage ツリー」にすら入れていないこともある
  • Debian の設定を借用してビルドしたカーネルも用意されている

などが挙げられます。 こうした特徴は、ゴリゴリとカスタマイズし始めると混乱してきて「余計なお節介」になってしまいますが、 それはつまり同時に、Funtooは「親切設計」だということです。

Funtoo だと、とりあえずブートするカーネルがあって、動くシステムは比較的容易に構築可能です。 これがGentoo だと、カーネルがブートしないところで泥沼に填り込んでどうしようもなくなることがよくあります。かなりの人がそこで挫折します。Gentoo底なし沼に死屍累々って感じです(苦笑)。

とりあえず動くシステムをつくってから本腰を入れてコンフィグにとりかかるということが、Funtoo では許されているわけです。

それでいて、 Portage バリバリ。 Portage プロパーなディストリビューションですから。 「Portage ツリー」に無いパッケージは、オーバーレイを追加したり、自力で ebuild ファイルを書けばよいというのも、Gentoo と同じです。

Funtoo の難点を強いて挙げれば、

  • すでに書いたように、ゴリゴリカスタマイズしようとするとこんがらがる
  • ユーザが少ない
  • デヴェロッパが(Daniel Robbins を含めて)数人しかいない
  • 多言語対応をほとんどしていない(文書やバグ受付など)

ということがあります。 ただ、Funtoo と Gentoo は共通点が多いため、Wiki の文書は Gentoo Wiki のものがかなり通用します。 Funtooにおける多くのバグはGentoo由来で、そのバグ受付が英語なのは Gentoo も同じです。

結論としてはつまり、Gentoo を試したかったら、Funtoo にすればカーネル沼に填まらなくて済みますよ、ということです。

以上、言いたかったのは、Gentoo の入り口として Funtoo をインストールしてみては? ということでした。


この投稿は

qiita.com

の6日めの記事です。

関係ありませんが、今日は外を歩いていたら凍結路面で転びました。 試される大地です。