読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

【Gentoo】Bash や sed などの基本操作は必須

GNU Gentoo Linux Funtoo Linux

Windowsなどは言うまでもありませんが、GNU/Linuxディストリビューションであっても、GUIで多くの操作が完結しているものもあります。Macintoshのユーザレベルはよく判りませんが(昔は私もMacOS 9のユーザでしたが)、OS XBSD系なので、かなりの人がCLIとシェルで操作していると思います(私の見聞する範囲のMacユーザの技術レベルが高いだけかもしれませんが)。 Ubuntuユーザなどからは、「GUIでないと困る。ターミナル操作は意味不明で困る」という声も聞きます。コンソールのいわゆる黒画面どころか、GNOME Terminal 等のDEのターミナルエミュレータでの操作ででさえも苦情が出ます。

Gentoo では、CLIでの操作はいつものことです。パッケージマネージャの Portage はインストール作業を自動化するための仕組みなので、 ebuild ファイルの中身はインストール作業が書いてあるわけで、それは Bash で書かれていますGentoo を使っていると、Bash の基礎的な理解はいずれ必須になります。

ほかにも、テキスト編集の際には、(EmacsVim が使えなくても)少なくとも GNU Nano のようなCLIテキストエディタは必要ですし、簡単で効率よくテキスト処理をするには、 grepsed や、 echotee の組み合わせといった操作をこなせたほうが良いと言えます。 特に、手作業でテキスト編集をするうちはまだいいのですが、自動化するBashスクリプトを書くとなると sed が活躍します(もちろん、sed だけではなく awk でもよいです)。

「いきなり全部やれないといけない」と言うわけではありません。 操作しているうちに慣れます。そしてそのためには、コピペ人間をやめて、思考する人に進化しなければなりません

今の時代は、恵まれています。もともと、GNUBSDは、maninfoのような「オンラインマニュアル」*1が豊富ですが、今はインターネット上にも、公式の文書もあれば、ユーザが書いたノウハウや感想も数えきれないほどアップロードされています。 検索エンジンも高度化していますから、調べればかなりのことはなんとかなります。

Gentoo の作者も書いてくれている

Gentoo の原作者である Daniel Robbins も、GNU/Linux 関連の初心者向け記事を書いています。

それらは Funtoo Wiki にも掲載されています。

そして、もとはといえば、彼は IBM でも書いていました。 IBMのサイト developerWorks 日本語版 では、翻訳されたものも載っています。そのなかでも、Bashsed に関する記事は一読の価値があると思います。

ちなみに、 Gentoo Linux を始めた経緯の経験談も載っていますhttp://www.ibm.com/developerworks/jp/linux/library/l-dist1/


この投稿は Gentoo Advent Calendar 2015 - Qiita 11日めの記事です。 アドヴェントカレンダーというよりは、アドヴェンチャーカレンダーになりつつあります。

*1:ここでいう「オンライン」とは、インターネット接続のことではなく、コンピュータ上で表示するということです。