読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

Gentoo における日本語入力

Gentoo での日本語入力というよりも、 GNU/Linux における日本語入力という時点で選択肢が少ないのですが……

変換エンジン(変換サーバ)と、それを利用するフロントエンド(インプットメソッド)、という2つのソフトウェアが必要です。 あるいは、両方を兼ね備えたもの。

CLI向けの古風なもの

現在の Gentooリポジトリにあるもので、以下を今でも使用している人は、少ない方でしょう。

インプットメソッド

X.Org 前提のモダンなインプットメソッド

日本語変換サーバ

その他

定番は?

以前は SCIMAnthy の組み合わせが一般的でした。 しかし、Anthy はもう終了しています。

変換サーバでは今は、 Mozc が広まっています。 ただし、Gentooリポジトリebuild ファイルは UIM 向けのパッチを当てていないため、Gentoo の Mozc は IBus か Fcitx が必要です。

このことから、 Gentoo における無難な選択肢は、 GNOME のような環境では IBus / Mozc、ほかの環境では Fcitx / Mozc も支障なし、という事実上の2択になっていると思います。

なお、純粋に機能でみると、 UIM は Fcitx と同様かそれ以上にカスタマイズ可能です。

ちなみに、Gentoo での手書き文字認識は、 tegaki-zinnia などが入っているため可能です。


この投稿は http://qiita.com/advent-calendar/2015/gentoo 24日めの記事です。