解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

私が Arch Linux も使っている理由

Archではなく Gentoo を私がメインにしている理由は、先日に書きました。

gnu.hatenablog.com

それでも Arch をサブに残している理由は単純で、 関心をもったソフトウェアを試してみるときに速いからです。

Gentoo では、ほとんどのパッケージはビルドをしなくてはならないので、インストールしてみても結局馴染まなかったのでアンインストールというときに時間の浪費になってしまいます。 ライブラリもビルドしないといけないので、例えば webkit-gtk が要るというならばそれも含めて数時間かけてビルドするということになってしまいます。

Arch は単純なので、インストールしてみて即座に試せ、馴染まなければすぐ削除可能です。 反対に気に入れば、 Gentoo システムでもインストールします。

インストールが速いということでは他のバイナリディストリビューションでもそうですが、 Arch はリポジトリに入っているのが比較的最新に近いバージョンであることが長所です。 この点では、FedoraDebian sid も候補には挙がるでしょうけれど、 Arch はローリングリリースでシステムの根幹も真新しいものにアップデートがなされるので、 dependency の縛りでバージョンが上げられないということは少なくなります。

この点では実は Sabayon という選択肢もあるのですが、 Sabayon は Arch と異なり、バイナリで提供されていないものは結局 Portage にフォールバックすることになるため、パッケージ管理の一貫性が壊れます。(パッケージ数が多いと自称しているのは「Portageツリー」を含めているからです。)思い切って率直に言えば、 Sabayon は最も ugly なディストリビューションの一つでしょう。 それに比べれば Arch は小綺麗ですし、実際に試してみれば明瞭ですが pacman は動作がシンプルです。

しかし、Arch はメインの productive システムには向いていません。ローリングリリースで勝手にどんどんとバージョンアップさせられ、そのためバグが潜在したり、不安定になったりしがちです。 Gentoo ならば package.mask やキーワーディングで、バージョンを固定することが容易に可能です。

Arch には、いろいろと特徴を備えていて、しかもそれを変えることは不可能です。 例えば、少なからぬディストリビューションと同じで Systemd が前提です。 そしてもっと恐ろしいことに、全ての実行コマンドを /usr/bin/ に集約して、必要に応じてシンボリックリンクをつくっているという、特異な仕組みをもっています。 自分好みに変えることも許されていなければ、極端な特異性があって決してジェネリック足りえないディストリビューションです。

つまり、 Arch は最新ソフトウェアのお試し環境として最適なので、好奇心旺盛な人や、最新のソフトウェアをテストせねばならないデヴェロッパに向いていますが、あくまでもテスト用システムとしてであって、メインに据えるのはリスクがあると思います。

これが、私が未だに Arch をサブシステムとして残しているわけです。