読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

Linux と ZFS のライセンス問題について

Linux ライセンス GPL

RMSが書いています "Interpreting, enforcing and changing the GNU GPL, as applied to combining Linux and ZFS — Free Software Foundation — working together for free software"

結局はつまり

  • 私的な範囲でならば、どう利用しても構わない。すなわち、Linux は GPLv2 のフリーソフトウェアだから、私的な範囲においては ZFS どころかプロプライエタリと混ぜようが何だろうが構わない*1。(コピーレフトとは他人のフリーダムを保障するためのものであり、他人との関わりのない私的範囲での利用では制約が無い。他人に配付するときに GPL は適用される。)ユーザが個人的に自分のマシンに LinuxZFS の両方をインストールする(Linux を改変する)ことも当然に構わない。
  • 著作権者はライセンス条件を変えても構わない。他方のユーザは当然ながら、勝手に変えられない。例えば Linux著作権者はLinuxにつき、 GPLv2 を逸脱する利用形態を許可可能である。ZFS著作権者も、 ZFSGPL (v2 or later) でライセンスすることが可能であるし、むしろそれこそ(LinuxZFSGPL でコンパチブルになるの)が理想的である。
  • Linux は GPLv2 から GPLv3 に移行をすべき。

*1:別問題として、プロプライエタリのソフトウェア側の EULA 違反にならないように気をつけましょう。