解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

Windows10への自動アップグレードの被害者は一般ユーザ

Win10への自動(事実上の強制)アップグレード自体の問題の所在は、インフォームドコンセントの欠如にあります。

そして、Win10に勝手にアップグレードされてしまうことの直接の被害者は主に、一般ユーザです。

【ニュースの視点】半ば強引なWindows 10へのアップグレードをどう見るか ~大河原氏、笠原氏、山田氏の視点 - PC Watch

Windowsは今迄も、今でも、市販パソコンにプリインストールすることで販売してきました。 市販のメーカーパソコンを買って使っている人が多数派でしょう。そしてWindowsが圧倒的なシェアで、デファクトスタンダードです。パワーユーザ未満の人は、Windowsをパッケージでは買っていません。自動的に付いてきたただけ、抱合せ販売を受けただけです。

書籍に書いてある通りにしか操作のやれないユーザも少なくありませんWin10へのアップグレードの説明が出ても、意味が判りません

Win10と、Win7以前とでは、ユーザインターフェースが全く異なります。 また、幾らかのアプリケーションソフトウェアデバイスドライバには互換性がありません(うまく動きません)。 そうした事情のもとで勝手にアップグレードされたら、右も左も判らない、或いはせいぜい判り始めた位のユーザはどうなるでしょうか? パニックになるでしょう。

ユーザの多くは、個人所有であったり、中小零細企業であったりします。(大企業の法人数は日本ではひと握りで、中小零細および個人事業主が圧倒的な数です。) こうしたユーザは、パソコンメーカのサポート頼みか、地元の中小コンサル頼みでしょう。

つまり多くは、パソコンメーカのサポートデスクにかちこまれます。 パニックになったユーザが突撃してきて、「あんたんとこのパソコンが」という話になります。 初心者などの多くは、パソコンとOSの区別が不明瞭なまま(家電と似たような発想)ですし、実際にメーカはそうして(ハードウェアとOSを一体化して)販売しています。

だから、パソコンメーカは半泣きです。 実害が発生しているところで「マイクロソフトのせい」の一言では解決しません。 いうまでもなく、「再インストールしてください」という定番の回答はここでは解決になりません。

それで多方面から「せめて謝罪しろ」ということで、日本マイクロソフトは針のむしろになるわけですが、 意地でも謝罪しないでしょう。謝罪したら賠償責任の話になります(実際に被害が出ているでしょうから)。 そもそもきっと既に紛争になっていてユーザから提訴されているのではないでしょうか。

日本マイクロソフトには、謝罪する裁量も、日本語版だけでも自動アップグレードをデフォルト無効にするというローカライゼーションを実施する権限も、ないのでしょう。 本部の奴隷です。 そして、会社のために担当者が吊し上げを食らうという、どっかの東電と同じようなことになっています。

「初級者ユーザのためにセキュリティアップデートを自動にする」というのは理屈として成り立ちうる(欠陥を直す責任がある)としても、 機能やユーザインターフェースの互換性(同一性)を勝手に変えていい理由にはなりません。 シス管部門があるような大企業と異なって、管理者をもたないようなエンドユーザは、従来と同じ操作性と機能性が無いと困り果ててしまいます。 「マイクロソフトがパソコンを勝手に変えてしまう」ということを受け入れるような覚悟は、とてももてません。