解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

【プロプライエタリ】Lightning ケーブルというコピーガードみたいな商法

Apple が展開している Lightning ケーブルという欠陥規格があります。 (なぜ欠陥かって、ケーブルやプラグの耐久性が低いのにクソ高いから)

なぜ Lightning ケーブルが異様に高価なのかというと、Apple の特許規格で、発売するには認証(ライセンス)が必要だからです。

ライセンスの必要な規格であることで、売り手は稼げます。だから、メーカーも小売店も凡そ、異論を挿しはさまないのでしょう。 ライセンスを受けないといけないということは、製造発売者が限られ、市場は開放されません。 ライセンス料がかかるということと、競争が少ないことから、高い売価を設定可能です。 売価が高いと、発売元も流通小売も、売上が増える≒粗利益が増えることになります。

こうした不公正なシステムによって損をするのは買い手の側。

Lightning のみならず、HDMI や 映像音楽のレコード機器などでも同様に、こうしたアコギな商売をしています。「私的録音補償金」にせよ、HDCPにせよ、不公正です。稀に居る不正行為者を締め出すために、すべての人が損害を被らされています。それはたとえば、撮影や録音をさせないために全員に「カメラチェック」を施したり機械を預けさせたりするコンサートと似たような構造です。責任転嫁されても困ります。

しかし Lightning が特に異なるのは、ユーザには不正行為者が居ないこと。

さて、ダイソーやキャンドゥや、セリアやシルクもそうでしょうが、非認証品の Lightning ケーブルを売っています。 価格は108円や216円です。 つまり、ケーブルの製造原価がいくらかわかりますよね? しかし、認証品の多くは 1000 円オーバーです。

これら非認証品は、特許を侵害しないように、プラグがリバーシブルになっていない(表裏が決まっている)構造になっていて、接点が少なくなっています。 特許で公開されている規格通りには作られていません。 それでも、物理的には使えます。

しかし、実際に使ってみた人からは、「数日で使えなくなった」という報告もあります。 それはケーブルが壊れたからではなく、 iOS が警告を出すようになり、拒否されるようになったとのことです。

Lightningケーブルは、認証品か否かを認識可能なように、チップが搭載されているそうです。 そして、非認証品にはこれが無いから、iOSは非認証品であることを判別可能なのですね。

ただ、非認証品を一度挿した最初の時点では拒絶せず、使えるようにしているようです。 Apple が。 やろうと思えば、一度も使えないようもしうるはずですが、現時点では、連続して何度も使わないとエラーを出さないようにしているようです。

つまり、将来の iOS のアップデートで、一切使えないように変更する可能性もあるということですね。 ですから、売られている非認証品にもその旨の注意書きがあります。

非認証品だからって、壊れるかというと、そうとも言えません。 そこは、製造・販売者と、使用者自身の責任です。

ところが、プロプライエタリが口実にしがちなパターナリズム(保護してやる主義)がここでもまかり通っていて、 認証品を使え、非認証品だと故障などのトラブルが起こる可能性がある、と脅してきます。

醜いですね