解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

(私的雑記)対人関係は苦痛です

趣旨

何が言いたいかを先に言うと、私は他人と関わると萎縮して聴く側にしかまわれなくなる人なので、対人関係が楽しいことはほぼ皆無です。話すべきことを話さねばならない、話したいというときには、独りで書いて公開すればよいし、そうするしかありません

他人に絡まれずに書かねばならないという人がいるという認識が社会には無いのでしょうか?

私に絡んでこないでほしいし、絡まれないウェブサービスを私は求めているんです。 書いて公開する、成果物を出すことが目的であって、他人と仲良くすることは求めていないんです。 ところが Twitter はおろか GitHub にもそれが欠けています。だから私は、これらを使えない。


Advent Calendar が始まったが

December of this year has come. 例年と同様に主に2箇所で Advent Calender の投稿が始まっています。

Advent Calendar というものが欧米の慣習であり、「クリスマス」というキリスト教にかこつけた冬至の時節に合わせた季節行事*1なので、クリスマスへのカウントダウンということになっています。 クリスチャンなら別格でしょうが、クリスチャンではない者にとっては、何を待ちわびるかは異なると思います。 率直に言って、冬至を過ぎた後のほうが厳寒が来ますので、その厳寒を耐え忍ぶ愉しみが欲しいくらいです。立春へのカウントダウン行事をした方がよい、っていうと、結局は中国などと同じですね(笑)、春節の方が自然なんでしょうね。立春過ぎても厳寒がしばらくありますが、中程に愉しみがある方がよいでしょう。

さて、日本語以外話せない書けない(そもそも日本語自体うまく扱えない、流行りをコピペしているだけで己のことばをもたない)というのが一般的な日本人ですが、欧米の慣習にかこつけた日本語の Advent Calendar ウェブサービスというと主に Qiita と Adventar くらいしかないようです。

この2つとも、いわゆるSNSの要素があったり関わっていたりしています。 いわゆるCGMの Qiita ですが、コメント機能どころか、「いいね」まで実装されてしまいました*2Adventar に至っては、Twitter だとか、GitHub だとかのアカウントがないと使えないようです。

ウェブサービス使いたければ他人に絡まれないといけない社会

さて、私は他人と関わると萎縮して聴く側にしかまわれなくなる人なので、対人関係が楽しいことはほぼ皆無です。

会話が成り立ちません。私の言うことは相手に通じないで、相手の言うことは私には解るんで、楽しいことなんてありません。

私には判る(単純に、見える、判る、現実そのものというレベル)のことでも、それを話すと相手からは全否定されるし、機嫌を損ねられます(世の中は言ってはならないことだらけだし、真理と異なる理屈があたかも正しいかのようにはびこって摺り込まれるのが人間社会です)。それであまつさえわざわざ嫌がらせをしてくるようになる。そして私は加害され、人間関係から干されるという生涯を昔から送ってきました。それで、黙っているしかない。

だから、話すべきことを話さねばならない、話したいというときには、独りで書いて公開すればよいし、そうするしかありません

他人に絡まれずに書かねばならないという人がいるという認識が社会には無いのでしょうか?

無いから、SNS依存症とか、インターネット上の対人関係にがんじがらめになる人とか、出てくるんですよね。SNSは洪水や津波のように、プッシュ式で向こうからドンドンと来ますし、そうすることが彼らのビジネスモデルの特徴ですから……

実際に、ヒトの処理能力を超える域に来たから、ボタン押すだけというのが増えたし、けれど押されたら返す、フォローされたら返すというのが、事実上は往々に求められます*3

ただでさえ、「メアド教えて」ってなって教えざるをえなくなり、メールがタダで送れる時代だから向こうがガンガン送ってきて、それに応対せざるをえずがんじがらめになります(昔の電話やはがきのとは異なるんです)。

つまり、私に絡んでこないでほしいし、絡まれないウェブサービスを私は求めているんです。 書いて公開する、成果物を出すことが目的であって、他人と仲良くすることは求めていないんです。したくないんです。

ところが、 世間には blog(Weblog) サービスなど CGM(一般利用者が制作するコンテンツ) サービスがありますが、その多くはいわゆる SNS 要素が実装されていていて、他人から絡まれます。せいぜい、厭なら非公開に設定するしかないくらいです。 そういうのは、私には耐えられません。存在意義がありません。

例えば Twitter は、Micro blog なのに、SNS要素があります。Reply や ReTweet(RT),Direct Message(DM) があります。 blog サービスであるのに、です。 他人に絡まれたくなければ非公開設定にするしかありません。非公開設定にしたら、blogの意味がありません。

GitHub でさえも、成果物の公有が目的であるのに、交友を強いられます。 私としては、成果物を上げておくからやりたいようにしてくれ、というだけなのに。*4

ちなみに、Advent Calendar にしたって、書いてみてもいいんだけれど、他人とイチャイチャしたくて書きたいわけではないんですよ

ちなみに RMS だって、Twitter だろうが Facebook だろうがやりませんよね。最大の理由はプライバシーで、つまり私生活を侵されたくないからでしょうけれど、いまや技術をカネ稼ぎ(収益や生活のため)や技術自体を使いたいからという理由で、私生活の情報を自ら制御管理しきれない社会状況に故意にしてしまいましたよね。私生活を自己管理自己責任で自立するには、社会と闘い抵抗しないといけないんですよ。携帯端末をもたないとかね(←Apple の TVCM の口調ではないが)。

それに対して例えば、以前から「日記サイト」「テキストサイト」と呼ばれる範疇のウェブサイトがありますが、書いて公開するだけでもよかったわけですよ。むしろそれが正常だと思いますよ。だから実際、ウェブスペースを借りるなどして、書いて、static site generator で生成してアップロードするっていう簡単なやり方をする人が近年再び出てきた。つまり、テキストサイトの復興(笑)。

ちなみに私としては、世の中を直したいのであって、アクセスとかPVとかいう即物的な目先のものが欲しいわけではないし、カネを儲けるために書いているわけでもありません。*5

今の人々って精神的におかしいと思うんですよね。もともと昔からヒトというのはエゴイストではあるんでしょうけれど。よく考えれば簡単なことなんですが、何のために生きているのか? その問いかけと答えがですね、欠けているのか、間違えているのかだと思います。 「ビッグデータ」とか、「ポイントカード」とか、「ステマ」とか、「ソシャゲ」とか。ついには「まとめサイト」も、転載のみならず改変してあたかも自分で書いたかのようなウェブサイトへと変貌したようですし、それを上場大企業のDeNAがやったくらいですからね……

フリー(自然でいる)ということを考えることにしても、必要でしょうね。

例えば、産まない人も産めない人もいるし、セクシュアリティもいろいろあるからこそ自然なのだし。性交渉をしなくても普通なのに、それを疾患であるかのように言うのがおかしいし。性もいろいろありますし。 生物は殖え過ぎたら減るのが生態系で、食糧などの資源も足りなくなるので、人類はうまく減らないといけません。 それに鑑みると、日本社会も、トランプ・アメリカにしても、不自然で異常ですよね。 「殖えないといけない」「少子化問題」って言ってるんですよね。「経済成長」を至上命題にしたり、資源を今までどおり浪費していけないといけないと言うんですよね

私は、他人の奴隷でもなければ、社会の奴隷でもないし、社会体制や技術の奴隷でもありません。 そして当然ながら、自然なことに、ヒトですから。ヒトは、ヒトとして、地球と、宇宙とうまくやっていかないといけません、そうしないと滅ぶだけです。滅びへの途が惨憺たる苦痛を伴いますが。 ちなみにだから、RMSにしても、 Green Party の賛同者なんでしょうし、彼のウェブサイトみても書いている内容と優先順位は概ね理路一貫していて説得力があります(けど、まだ若干、人間社会優位な感じは残っているかな)。

*1:ちまみに、クリスマスは季節行事なので、「中止」はありません。

*2:Facebook が "Like"を「いいね」に訳したのが正しいかも論点ですが、別の話題です。

*3:例えばかつて mixi でも、「あしあと」をつけるだけで黙って逃げるなって風潮がありましたよねえ。

*4:当然ですよね、そもそも対価なんて無いんですから。ちなみに、もらったんだから礼を言えという理屈はとりわけ日本社会では典型ですが、やりたいから手伝っているだけなので礼なんか来ると迷惑なんです。結果報告をしてくれればよろしいのです。

*5:生活費を少しでも稼ぎたいのならば、「ライター」と称して業者や広告主の喜ぶことを、間違っていようと偏向していようと書いたら容易いですね。実際に今の日本社会ってそうなっていますからね。