解き放たれしソフトウェア

GNU/LinuxなどFLOSSについて書いてみるつもり

理想と現実とそのあいだ

またこの件ですが

mag.osdn.jp


FSFは、トランスジェンダーを雇うには拙速だったのだと思います。

さまざまな人種、民族、信仰、ジェンダー等々を雇うには、職場や経営者や従業員が固定観念を払拭して、態勢を調えねばなりません。

2016年には outreach をキーに据えた FSF でした。 しかし、公益財団としての限られた予算のなかでは、研修など態勢を調えて、組織効率の面では不利である異質な人とやっていくには、コストが過大であり、直ぐには成し得なかったのでしょう。 直ぐには成し得ないことだったのに、安易に「成し得る」と判断して雇い始めたのだとすれば、自己洞察の足りない思い上がりがあったのだと言わざるをえません。 彼らは理想を見るのは得意ですが、自分を実際よりもより理想的な者だと思いこんでいる(現実認識や自己洞察が足りていない)フシは、FSFにせよRMSにせよ、あるのではないでしょうか。

職場の態勢が醸成されていなかったから、辞めてもらうしかなかったのでしょう。 拙速で、迷惑をかけています。

外部のプロジェクトへの支援を増やすとか、インターンを受け入れるとか、なんらかのイベントを開催するとか、やりかたはあったはずなんですよね。 また、RMS含め職員達自身が研修を受けるとか。 例えばトランスジェンダーにしてもその当事者団体ってありますから、そういうところに教えを仰げるはずなんですよね。


しかし、Libreboot の Rowe 氏の方は、感情的で、戦略性も足りず、事態をわざわざ荒らしているというほかありません。

Rowe 氏自身がトランスジェンダー女性で、この事態がトラウマに触れるものだったのでしょうし、トランスジェンダーの味方にならねばならず、社会正義に燃えるところもあるのでしょう。

しかし、拙いです。拙くなる最大の原因は、トラウマに触れたからでしょう。

世の中には、共感能力や想像力のない人々の方がむしろ多いですから、今回の Rowe 氏のような行動は、かえって誹謗中傷にすら拡大します。 最近の流行語でいえば「ノイジーマイノリティ」とか言われてしまうわけです。

例えば

cpplover.blogspot.jp

のような反応があるわけですが、今回の件は「些細な言動の揚げ足取り行動」では済まないものだと私は思います。

そもそも、特定の団体に属する一部の人間が差別主義者であったとして、その団体全体が差別主義であると主張するのは、LGBTの一部の人間の問題を取り上げてLGBT全体が問題であるとするLGBTフォビアと何ら変わりない行動である。

というのは今回の件には当たらない批判でしょう。(また、トランスジェンダーの話をしているのに十把一絡げに"LGBT"という語彙で済ますのも不適切です。)

なぜならば、FSFには雇った以上は職員に対して責務があるからで、当該職員に対して合わせていかないといけないからです。 社会的に不利な立場の人(いわゆるマイノリティ)を優遇して公平にしようとするならば、不利な立場の人に対して有利になるように合わせないと釣り合わないからです(アファーマティヴ・アクション)。

あえてダイヴァーシティを実現するには、例えば女性エンジニアを雇うには母数が少ないので能力的に不利だったり、例えば障がいをもつ人を雇うと業務効率が低下したり、ムスリムを雇うと礼拝の時間と場を用意しないといけなくなったり、母語の異なる人を雇うとコミュニケーションに苦労したり、しますそうしたコストをあえて甘受せねばなりません周囲の上司や同僚の方が、合わせる努力をしていかねばなりません。 結果第一主義や、効率優先主義では、不可能です。

さらに言えば、ほとんどの企業では、アルコール禁止の人は職場のパーティに出るのは困難になり(たとえ出られたとしても苦痛と苦労が多いし)、ムスリムは豚肉食べられないので同様で、ユダヤは肉は血抜きし祈祷していないとダメだし。外食も、コンビニのパンや弁当や惣菜すらも、障壁が設けられています。実にそういう基礎的な部分からもう、社会には欠けているんです。

ちなみに、「全ての人のため」「みんなの」という言説は往々にして、社会的に有利な立場を既に得ていて、しかも恵まれていることに自覚のない、いわゆるマジョリティの、自己正当化の論理として振りかざされます。 それでは差別なんて無くなりません。

例えば、「みんなのためにトランスジェンダーは辛抱しろ」という主張が平然と出てくるでしょう。それはトランスジェンダーに限らず、例えば女性に対してであれ、ムスリムに対してであれ、母語の異なる人に対してであれ、出てきます。 そうして、女性プログラマの育たない社会が維持されますし、ムスリムが事実上就職困難な社会が日本では維持されますし、英語が流暢でない人は欧米では就職難になるでしょう。 アメリカでさえ、黒人と白人の混血の人がようやく大統領になれたくらいでしかなく、女性大統領がいません。 日本の政治家に女性が少ないのも、能力がどうたらとかなんだかんだと理屈をつけて正当化されるのでしょう。


さてしかし、他方の Rowe 氏の言動が、戦略的な冷静さが無く、過激で、公私混同が酷いのもたしかです。

雇用主である FSF と、その代表者に対して、批判を向けるべきなのに、加害者とされる上司の実名を出したのも不適当でしょう。

また、公開の場で告発をしたのも拙速です。 早すぎるし、証拠を調えるよりさきに公表してしまい、証拠は後づけみたいになっています。

そして、 Libreboot のプロジェクトを盾にして抗議したのも不適切です。 Rowe 氏は、 Libreboot のデヴェロッパから降りて、Libreboot からフォークして別のプロジェクトを始めればよかったのです。 自分一人しか居ないプロジェクトならば、そのウェブサイトででもなんででも、プロジェクトの総意としてなんとでも主張可能でしょう。 それに言うまでもなく、 GNUFSF からは外れられます。

Rowe 氏は、トラウマに触れられたからでしょうが、やっていることも言っていることも、とっちらかっています。 FSFにしてきた寄附の金額がどうとか(さらにはカネ返せとか)にしてもそうでしょう。

ダイヴァーシティを未だ確立し得ない FSF にも難はあります。しかし、 FSF の事業はフリーソフトウェア運動であって、ダイヴァーシティもその一環のひとつに過ぎません。

Rowe 氏がやっている言動それ自体は、実に、ダメダメだと思います。 ただ、Rowe 氏が暴走してしまうのは、それだけのトラウマに触れられたのでしょうし、それだけ、怖いからなんでしょう。

世の中を直すには、理想(目標)の設定だけでは足りません。的確な現状認識をしたうえで、現状から理想へどのようにアプローチするか(経路設定)ということが必要です。 その点では、RMSFSFも、Rowe 氏も、正しい理想をぶち上げてはいるのでしょうけれど、現状認識や経路設定で、どこか抜けていると思うんですよね。